中性脂肪を減らして健康生活

中性脂肪を減らして、毎日を健康に過ごすごしたくはないですか?

中性脂肪を減らして、毎日を健康に過ごすごしたくはないですか?

中性脂肪と生活習慣病の関係とは

中性脂肪を減らすことができないままでいると、生活習慣病を引き起こすと言われています。健康診断の際に、腹囲を計ることで、メタボではないかどうか、調べる検査もありますが、血液検査により、中性脂肪の数値を調べる事だけでも、メタボであるのかどうかがわかります。 中性脂肪が蓄積する事で、血液がドロドロになってしまう事がわかっており、血液がドロドロになることで、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など、血管がふさがれてしまう事が原因となり、病気になってしまうようなリスクが高くなるとされています。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などは、少しでも発見が遅れると、死んでしまう事もある怖い病気ですし、通常の生活では何の異常もなく、急激に意識が遠のいてしまうような場合が多いとされていますから、中性脂肪を減らすための対策を取り入れる事が大切となるのです。 中性脂肪が多くなり始め、内臓脂肪などの脂肪が溜まってくると、中性脂肪を減らす効果がある成分の働きが鈍くなってしまい、更に中性脂肪が増え、メタボになりやすいと言われていますから、注意が必要となります。メタボの基準としては、最高血圧が130以上、最低血圧が80以上のいずれか、もしくは両方で判断する事もありますし、血糖値が110を超えている場合でも、メタボ疑いとなります。中性脂肪の数値としては、150以上、HDLコレステロール40未満のいずれか、もしくは両方となります。上記の基準にプラスして、腹囲、男性の場合には、85センチ以上、女性の場合には、90センチ以上あると、メタボとなります。

中性脂肪が引き起こす病気とは

中性脂肪が増えてしまうことで、様々な病気を引き起こすことになります。 中性脂肪が増えてしまう事で、脂質異常を引き起こし、血液がドロドロになってしまい、その結果、様々な病気を招いてしまうのです。 脂質異常が引き起こす病気には、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化などがありますが、その他にも、脳出血や狭心症、腎硬化症や脂肪肝などもありますし、糖尿病や腎不全、大動脈破裂などになってしまう可能性もあります。 中性脂肪を減らす方法を取り入れている人の中には、今日、糖類を摂取しなかったからといって、明日から中性脂肪値が低い状態を維持する事ができるわけではなく、継続して続け、徐々に下げていく必要があります。人によっては、運動を取り入れる事だけでも、すぐに中性脂肪値が下がったというような人もいますが、継続しなければ、再度また中性脂肪値は元の状態になってしまいますし、歳を重ねると、更に中性脂肪値は高くなってしまうと言われていますから、できるだけ早く中性脂肪を下げる努力を取り入れる事が大切となります。 太っている人は、全て中性脂肪値が高いと思われがちですが、太っている人の中で、中性脂肪値が高いとされているのは、およそ9割程度であるとされています。太っていても、中性脂肪値が正常であれば、中性脂肪を減らすための対策を取り入れる必要はないと考えるような人が多いのですが、脂肪は、中性脂肪からできていますから、肥満体質の人の場合には、皮下脂肪を減らす努力を取り入れる事が必要となります。

中性脂肪を減らすコツとは

運動を取り入れる際に、中性脂肪を減らすコツとしては、呼吸法に注意すると良いとされています。呼吸回数を早く短くするのではなく、ゆっくりと大きく息を吸うようにする事でも、脂肪の燃焼効果を高める事が出来るとされています。有酸素運動を取り入れていると、呼吸が荒くなってしまうような人が多いのですが、意識してゆっくりと大きく深く、呼吸をするようにしましょう。時間が短く、ハードな運動の方が、達成感がありますし、一気に汗が出る場合が多いのですが、中性脂肪を燃焼させることができるのは、有酸素運動となりますから、20分以上の継続した運動を取り入れるようにする事が大切となります。 食事の改善のコツとしては、中性脂肪を減らすことができる食べ物ばかりを摂取するという方法を取り入れるよりも、中性脂肪が上がる食材を取り入れないというような方法の方が、上手くいきやすいと言われています、青魚や、食物繊維、大豆などは、中性脂肪を減らす効果がありますが、同じ食品ばかりを摂取していては、飽きてしまい、継続する事が出来なくなってしまいますから、そのような食材を中心に献立を作るのではなく、炭水化物を減らし、肉類を控えるなど、ある程度の食事のスタイルを考えると、上手くいきやすいと言われています。 いくら中性脂肪を減らすための食事を取り入れていたとしても、食べ過ぎてしまっては意味がありません。いつでも腹8分を意識する事で、徐々に中性脂肪値を下げる事ができるでしょう。

中性脂肪を減らして健康生活 © 2016